賃貸物件でもリフォームを楽しもう!

リフォーム可能な賃貸物件の探し方

今の家でリフォームしたい!

諦める前に大家さんに相談を!

賃貸物件でリフォームをするためには、リフォーム可能だと明記された物件に引っ越ししなければならないの?と思った方、引っ越しの検討を始めるのはもう少しお待ちください。

もしかしたら、今現在住んでいる物件でも、場合によってはリフォームできるかもしれません。

たとえば、温水洗浄便座つきのトイレに変更したいだとか、和室の部屋をフローリングにしたいだとか、具体的な希望があるなら不動産屋さんを通して、大家さんに相談してみてください。

もちろん、断られてしまう可能性もありますが、相談してみると意外とOKをもらえるかもしれません。

相談をする際には、リフォームの内容を具体的に示し、できればカタログなども用意しておくとよいでしょう。

注意すべきこと

大家さんに相談し、無事にリフォームの許可をもらえたとします。

その際に注意すべきことがあります。
どのようなことに注意すべきなのか、イメージできますか?

答えは「約束の内容や条件を明確にし、必ず書面に残るかたちで約束すること」です。

たとえば、大家さんから許可をもらって和室からフローリングに変更したとしても、口約束だけだと後々退去するときになって「退去の際には原状回復をするのが条件」という契約書だけが残ってしまうため、トラブルのもとになってしまうのです。

特に、相談してすぐに、とんとん拍子にリフォームの許可がもらえた場合は「うっかり口約束だけで済ませてしまった」とならないように注意し、しっかりと書面での約束をするようにしてくださいね。